当社の沿革

2
1890

 

フランス人の味覚探険者、アルフレッド・クルーエ

味覚の探究者であったアルフレッド・クルーエは、フランス北部のル・アーヴルに生まれました。父親は服飾の会社を営んでいましたが、クルーエは後を継ぐことなく、アジア、そしてシンガポールへ、味の新境地を追って旅立ちました。

 

1892

 

A. クルーエ商会(A. Clouët & Co.)の誕生

その後まもなくして、クルーエは自らの貿易会社、A. クルーエ商会を立ち上げ、アジア在住の欧米人向けにムニエ・チョコレート、ボルドー・ワイン、香水などの輸入を開始しました。

その後XNUMX年間、アルフレッド・クルーエの事業は目覚ましい発展を遂げますが、その間、彼はさまざまなスパイス、カレー、コショウ、ココナッツミルクなど、それまで西洋に知られていなかったアジアの味覚を発見し、それらを使った素晴らしいレシピをたくさん作り出しました。

2
 

2
1899

 

最初の缶詰食品

次にアルフレッド・クルーエが目指したのは、当時は高級品とされていた缶詰食品の開発でした。当時、缶詰は輸入品であり、それゆえに一般人には手の届かないものでした。しかし、クルーエは、缶詰を大衆に届けようと決意します。そして、東南アジアにおいて缶詰の製造販売分野におけるパイオニアのXNUMXつとなりました。(当時、食材を安全に長期間保存するために缶に詰める作業は、きわめて先端的な技術を必要としていた。)

1899 年、彼はサーディンの缶詰の販売に踏み切ります。その後、缶詰の種類をマッシュルームや豆などの他の食品にも広げていきました。とは言え、サーディンは常に最も人気のある商品であり続けました。

 

A.クルーエ商会、アヤムに名称を変更

アヤムのブランドはすぐに有名になりました。 ロゴの上に描かれた雄鶏の絵は、アルフレッド・クルーエの缶詰のシンボルとして広く知れわたりました。常連客たちは、クルーエ社の缶詰のことを、マレー語で「ニワトリブランド」を意味する「チョップ・

アヤム」と呼んでいました。クルーエ社の経営陣は、このニックネームにちなんで、会社の正式名称を「アヤムブランド」に変更しました。

2
 

2
1900

 

パリ万博に出展

1900 年、マーケティングの天才、アルフレッド・クルーエは、パリで開催された万国博覧会に自社製品を展示しました。彼の出展品はメダルを授与され、ブランドの名声はさらに高まりました。

 

1954

 

ファミリー・ビジネス

クルーエ商会は、ドニ・フレール(Denis Frère)社という家族経営の企業に買い取られました。以後、アヤムは、正統的なアジアのブランドでありながらフランス企業の傘下でありつづけるという、非常に特殊な形態の会社となりました。

アヤムはドニ・フレール社(現在のデニス・グループ)によって、世界的なブランドへと発展しました。

現在、アヤムの製品はオーストラリア、フランス、英国、ニュージーランドを含むXNUMXカ国以上の国で販売されています。

デニス・グループには、XNUMX年という驚くほどの長い歴史があります。XNUMX年、エチエンヌ・ドニによって創立されて以来、このグループの基盤は、ビジョン、ミッション、揺るぎない価値観、ビジネスの指針によって支えられてきました。その力と安定の源泉は、フード&ビバレッジ、ヘルスサイエンス、コンシュマーグッズの販売、というXNUMXつの部門にあります。このXNUMX部門で、デニス・グループは伝統的にイノベーティブなマインドに支えられた高いプロ意識を生み出し、それは今日まで維持されています。

フード&ビバレッジ部門での活動は、同グループが 1954 年にその主要なフードビジネス(アヤムブランド)とともに、A.クルーエ商会を買収したときに開始されました。

2
 

これまでのアヤムブランド

これまでのアヤムブランド

1892 年の創立以来、アヤム社は、非常に高品質な自然素材を用いたヘルシーな食品を世の中に提供することに打ち込んできました。当社の食品には、マレーシアからシンガポール、そしてタイに広がるアジアという多様な風土・文化の真のエッセンスが取り込まれています。それぞれの文化が、それぞれの伝統的な風味と地域色を備えており、何百もの風味豊かなレシピを新たに生み出すインスピレーションの源を提供すべく、多彩な本格アジア食材をラインアップしています。

アヤムは、ヘルシーで美味しく、アレルギー起因物質、保存料および着色料不使用の、高品質の本物の食品を皆様に提供することにつとめています。

当社は、現役世代、そして将来の世代を含めて皆さんが、思い出に残るすばらしい料理を、手軽に調理できるようお手伝いさせていただきます。

 

2016

 

XNUMX年 アヤムは地球の未来に貢献します

デニス・グループは、国連グローバル・コンパクトのシンガポール・ネットワークの一員となりました。そして、国連グローバル・コンパクトが掲げる10原則を自社のコーーポレートガバナンスに取り入れ、順守すべく取り組んでいます。定期的に刊行される ESGレポート では、グループが環境・社会・ガバナンス(ESG)の側面でどのような進展を遂げているかを公表しています。

2
 

10

持続可能なパーム油

アヤムは、2016 年にシンガポールの世界自然保護基金(WWF®)が起ち上げた活動「持続可能なパーム油のためのアジア支援(SASPO)」の創設メンバーの一員であり、そのことを誇りにしています。

このアライアンスのビジョンは、認証された持続可能なパーム油を業界の標準にすることで、アジアにおける大気汚染の進行を防ぎ、産地における森林伐採や生態系における野生動植物の生息地の喪失を防ぐことです。

 

enzh-CNzh-TWfridjamsthvi

言語の選択.

enzh-CNzh-TWfridjamsthvi

言語の選択.